top of page
  • 執筆者の写真柏木

樺沢紫苑『ストレスフリー超大全』(ダイヤモンド社)

ストレスをコントロールし、人生を楽しむ方法が網羅的に書かれた本。

樺沢先生の書籍の特徴として、情報量が多いといったことが挙げられる。メンタル疾患の患者さんは少々圧倒されるだろう。

ただそのことはすでに想定されているらしく、本書の冒頭部分ですごろくのようにベンチマークが示されている。このとおり読んでいけばいい、という読書案内である。もちろん、困っている問題から逆引きしても十分役立つ。


抽象的に悶々と悩むのではなく、悩みを言語化し具体化した上で、to doを同定し、実行して1週間ごとに振り返りをすることを勧めている。至極まっとうなことを述べていると思う。


3年以上前に購入した本だが、未だに参考になるところが多い。悩みの渦中にいると本書を手に取ることすら失念してしまうため、目につくところに置いておこうと思う。



最新記事

すべて表示

篠原菊紀監修『マンガでわかる 脳と心の科学』(池田書店)

冒頭で脳の基礎知識の概要が述べられる。そこから徐々に発展し、脳と病気、脳のメカニズム、AIなど比較的多岐にわたり脳のことを学ぶことができる。漫画がメインなので読みやすい。 もっとも印象に残ったのは、恐怖記憶を消去する方法として紹介されているDecNef法である。 DecNef法のしくみとは、「恐怖を感じているときの脳活動パターンを調べ、同じような脳活動パターンを検出したら報酬を与えることで、恐怖記

bottom of page